【楽勝】コロナ禍でこそ転職するべき理由

【転職】

新型コロナウイルスの感染拡大で世の中は一変しました。それにともなって、転職活動や働き方にも変化が広がっています。筆者である私もコロナ禍で転職が成功したひとりですので、実際にこの時期の転職ってどうなの?について書いていこうと思います。

■こんなお悩みに

「転職したいが、コロナ禍でどのように行動すればいいかわからず不安」「転職活動を始めようと思っていたのに、動けなくなってしまった」

結論

  • コロナが転職のハードルを下げた今転職活動すべき
  • コロナ禍にこそ現職と転職活動の同時進行を

コロナが転職のハードルを下げた今転職活動すべき

新型コロナウイルスによりキャリア観が変わったという人も多いのではないでしょうか。
現職での将来性がみえない、通勤リスクや家族へ感染の危険性など。

今のままではいけないだろうなぁとぼんやり思いつつもなかなか行動するのは難しいのが転職活動ですよね。
しかし、このコロナがきっかけとなって転職活動のハードルが下がってるんです。

現状に、現職に疑問を少しでも抱いているのであれば、コロナ禍でも転職は可能です。
いえ、むしろチャンスです。
筆者である私もコロナでハードルが下がっていなかったとしたら、
ホワイト企業に転職なんてできなかったでしょう。

なぜこんなことが言えるのか。
それは仕事と転職活動が両立できるようになったからです。

休暇をとって面接にいったり、平日しか行けないハローワークにいったりなど
オフライン中心だった転職活動は一変し、
オンラインでの転職相談や企業面接が中心となり
転職活動の日程調整がしやすくなったのもハードルが下がった大きな理由のひとつです。

求人が減ってるという情報もありますが、
それは業界によります。

IT業界に関しては募集を増やしているところもあるくらいです。
うちもそうですが、、、
ITスキルのない友人たちもIT業界へ転職していってますよ。

【未経験OK】誰でもIT業界へ転職できる理由【体験談】

理由は単純で儲かってるからです。

一定の企業はオフラインのみだった事業活動から転換し、オンラインを活用して売上拡大を狙ったり、減少した売上をカバーするために、業務効率化を図ったり。需要がめちゃくちゃ増えてるんです。

せっかく転職を考えるのであれば、将来性も視野に入れるべきではないでしょうか。

コロナ禍にこそ現職と転職活動の同時進行を

転職をしようと決意をしても、今のお仕事を退職するのはおすすめしません。
なぜなら同時進行が簡単だからです。

ひと昔前は前述の通り相談や面接などの日程調整が難しく、休暇を取り職場の目を気にしながら転職活動をすることが通常でした。
しかし、今では転職サイトに登録し条件を指定しさえすればエージェントさんがあなたにマッチする仕事みつけて連絡してくれ、
企業との仲介役になってくれます。
もちろん面接はオンライン。多くの転職希望者がこの順序で、仕事と並行して成功しているのです。

ただ、転職を考える人の多くは資格でも取ってから、と考えてしまいますがそれは時間の無駄。
遠回りです。

【要注意】資格の有無はIT業界への転職に関係ない【時間の無駄】

実は資格取得はあまり重要ではないのです。
絶対に資格が必要な建築士とか薬剤師、医師などは別ですが、、、
必要なのはスキルです。

未経験でも転職は簡単ですが、どうしても有利に進めたい人は
資格ではなく、スキルを磨きましょう。

とはいえ、転職を失敗しないためにまずすべきことは自己分析です。

自分に最適な転職先を見つけるためにも、自分がこれまでにしてきた経験、磨いてきたスキルを書き出してみましょう。

自分の弱みと強みを整理して客観的に分析することはとても大切なことです。
転職活動の方向性や、転職してどんな仕事をすべきなのかという本質がみえてきます。

自己分析を終えた後は、希望する業界・企業の動向も分析することが大切。分析というと難しそうに聞こえますが、会社ホームページの企業理念や社長挨拶を読めば何となくその会社の雰囲気がわかったりします。ちなみに私はホームページの内容に一目惚れして決めました。

コロナ禍の今こそリサーチ怠らず、退職リスクなしで転職活動をしていきましょう。

まとめ

今回は、コロナ禍こそ仕事と転職活動を両立しよう。というテーマでしたがいかがだったでしょうか。

新型コロナで会社の業績が下がった、今はまだ大丈夫だけど、これから悪くなりそうという場合、
会社の環境や雰囲気は悪化する一方です。早めに察知して行動しましょう。
繰り返しになりますが退職して転職先を探すとなると、あとがないから精神的にも追いつめられます。基本的には今の職場を辞める前に活動を始めましょう。

今回は以上です。ではまた次回^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました